テレマークスキーの道具選び

板選びは、テレマークスキー専用の板がある訳ではありませんので、どんな板でも良いんです。自分のやりたいこと、滑りたい場所等によります。

ただ、テレマークスキー本来の良さを引き出す板としておススメしているのが、ステップソールと言われる滑走面にウロコ状の加工が施され、登ることも出来るという板です。この1台を持っていれば、即雪山へ出かけていくことが出来ます。

MADSHUSのEPOCHはライトなプラスチックブーツとの相性も良く、最初の1台としておススメ出来ます。

 

パウダー用の太い板が増えてきましたが、テレマークターンと太い板はあまり相性が良いとは言えません。スキーのトップが125mm以下、ウエストが90mm以下のものを選んではどうしょう?

予算にも限りがあり、何台も板を揃えられないですよね。まずはオールドラウンドに使える板をチョイスし、始めてみましょう。

K2のWAYBACKはクセがなく、ロングセラーの信頼出来る1台です。

 

ここ数年で太めのステップソール板

も発売されるようになりました。1年を通して使える板のオススメはG3のスティンガーXCD78です。最近の板の傾向からすれば決して太いとは言えませんが、ひじょうにバランが良く、ステップも良く利きます。ブーツはT2ECOを合わせた方が板との相性が良いです。

 

テレマークスキーの道具選びで一番重要と言っても良いのがブーツ。テレマークスキー用のブーツは、モノによりかなり違いがあるので、自分のやりたいこと、滑る場所等ふまえて選んでください。

まず歩きを重視したい方、ステップソールとの組み合わせを考えている方は、足首の可動域が広く、ブーツ丈の高くないものが良いでしょう。

SCOTTのEXCURSIONやSCARPAのT4と言ったところです。歩きメインでお考えの方はSCOTTのEXCURSION、もう少し滑りも楽しみたいという方にはSCARPAのT4。これらをこれから始めようと思っている方におススメします。

もう少し滑りのほうも重視したい方には、SCARPAのT2ECOクラスのブーツが良いでしょう。ブーツ丈も高くなり、シェルの硬さもあり、ファットスキーでも十分使えるバックカントリー、ゲレンデ、オールラウンドに使えるブーツです。

スキーの経験もあり、より滑りを重視したい方は、このクラスのブーツから始めても良いと思います。

 

ビンディングはテレマークスキー用のものでなくてはいけません。

大きくわけると、75mm規格のケーブル式、3ピン式と、NTN規格のものがあります。NTN規格については後述します。

プラスチックブーツとの相性が良いのはケーブル式です。

G3タルガは、発売当時からほとんどモデルチェンジもなく、完成度の高いケーブル式のバインディングです。ケーブル式のバインディングの中では値段が安く、軽量でおススメ出来ましたが、残念ながら生産中止となり、現在市場に出回っているもののみとなっています。自分でバインディング取り付けされる方は、付属のウェッジを使わないことを強くオススメします。

 

ケーブル式のビンディングの中では、ハードワイヤーで歩行モードの付いたボレーのスイッチバックが、市場で手に入る75mmノルディックノルムの中で最も使いやすいものですかね。

3ピン式のビンディングは、ひじょうに軽量でシンプル。トラブルが少なくステップソールの軽い板との組み合わせで使うと軽快感を感じながら滑れます。テレマークの革靴との相性が抜群です。

ROTTEFELLAのSUPER TELEMARKは着脱の力が要らず、おススメの3ピンビンディングです。

 

上述のビンディングが75mmノルディックノルムと言われる規格のビンディングです。

 

ステップインで装着でき、転倒時の解放機構があるものがNTN規格のビンディングです。ここ数年でNTNが普及してきましたが、踵が上がらないようなテンションがかかるため、筋力のない方、体重の軽い方やスキー技術に自信のない方、軽いスキーと合わせて滑りたい方にはあまりおすすめ出来ません。また、いきなりテレマーク初心者の方が使うのも、上達の時間がかかる可能性もあります。

こちらのビンディングは、ある程度テレマーク歴があってテレマーク姿勢が取れて、パワーもあって、強くて早い滑りを目指す方に向いていると言えるしょうか。

こちらは大きく二系統ありますので、ビンディングとブーツの相性をショップの方に相談してみてください。

NTNビンディングにはNTN規格対応のブーツを選びます。基本的にテンションの強いビンディングですので、カフが高く、4バックルの強めのブーツです。

 

最後に、スキーポール、いわゆるストックですね。スキー場から離れ自然の雪の上を歩くと、バスケットがゲレンデ用の小さいものだと、ブスブス潜って大変です。バスケットが大きく、伸縮するスキーポールがあれば、ステップソール板との組み合わせで、すぐにでも雪山に出かけられます。

伸縮ポールでは、ブラックダイヤモンドのスキーポールに一日の長がありますが、各社工夫を凝らし良いものを作っていますので、お店に行って、握って、振ってみてください。グリップの太さも微妙に違いますし、振りやすさは単純に重さだけでは分かりません。

ネット通販全盛時代ですが、ショップへ脚を運んでもらいたいですね。お店にはたくさんの情報が集まっており、お店のスタッフの意見を聞いて、自分に合った道具をチョイスしてもらうようにしましょう。

お問い合わせ

鈴木央司(すずきたかし)

TEL&FAX: 0195-78-2844

ケイタイ:090-6177-8180
パソコンメール:お問合わせはこちらから

 

〒028-7302 

岩手県八幡平市松尾寄木1-590-285 

 

公共交通機関】盛岡駅にて、岩手県北バス八幡平マウンテンホテル行きもしくは松川温泉行き乗車、八幡平温泉郷下車。バス停の目の前です。

お車】東北道松尾八幡平I.Cより、約15分。松尾鉱山資料館経由で森乃湯を目指してお越しになるのが、一番分かりやすいです。

 

八幡平方面バス時刻表

 

 

 

 

大人の休日倶楽部JR東日本

50歳以上になったらぜひ入会を。¥15,000きっぷはかなりお得です。