テレマークスキーを始めよう!

 

 テレマークスキーの良いところって何でしょうか?それにはまず、私がテレマークスキーを始めた理由を考えてみますと、まず軽快感です。私が始めた20年前には、テレマークスキーの道具と言えば、革靴と細い板の組み合わせしかありませんでした。アルペンスキーにはない軽快感が魅力でした。しかし、テレマークスキーもここ10年で、ものすごい勢いで道具が進化し、それにともない道具がハードに重たくなってきました。アルペンスキーや山スキーの道具と比べて、軽快感というメリットをあまり感じられなくなってきたのです。道具の進化にともない、テレマークスキー人口も増えるかと思いきや、それが横ばい。アルペンスキーの道具、テレマークスキーの道具、ショップで道具を手に取ってみて、あまり道具の重さの差を感じない。値段的にも、ここ数年道具が高い状況が続き、気軽に始めるにはお財布に優しくない。道具購入までもが、軽快にいかない状況です。

 もうひとつの始めた理由は、登ったり、滑ったりの両立ということです。

クロカンは軽いし歩くのは良いが、滑るほうが問題。森林限界を越えたところでは使えそうもない。山スキーは道具が重い、滑走、歩行の度、ビンディングを操作するのが面倒だ。軽く使うには、道具が大袈裟だ。そうしたら、テレマークスキーってのがあるじゃないかってことになったんです。カカトはつねにフリーなので歩けるし、テレマークターンをマスターすれば、山でも滑れるというふれこみだ。じゃ、それやってみましょうってことになったんです。それ以来、スキー場でバイトしながらテレマークスキーの練習をして、世界選手権に出場したり、DVD作ったり、スクールやったりと、すっかりどっぷりハマってしまったんです。

 テレマークスキーの良いところって、道具の軽さであったり、登ったり滑ったりの連続に、面倒無く対応出来るところだったと思うんです。ところが最近では、板は太くなり、重くなり、ブーツはよりアルペン的に硬いものが好まれるようになり、道具の進化にともない、テレマーク本来感じることの出来たメリットがなくなってきた。

 じあ、その良いところをもっとアピールしたほうが良いんじゃないかってことで、最近ステップソールという滑走面にウロコがついたスキー板とブーツ丈の低い軽量のプラスチックブーツや革靴を組み合わせたものを好んで使うようになりました。そうすれば、道具は軽いし、登り返して滑ることも苦にならない。最近、温暖化やスキー人口の減少で、スキー場のオープン時期が、だんだん遅くなってきています。そういう時に、雪のある斜面を見つけて、登ったり滑ったり簡単に出来るステップソールと軽量ブーツの組み合わせが威力を発揮するのです。あるいは、滑ることにあまり興味が無くっても、クロカン的な使い方も出来ます意外とクロカンの道具は軽くて柔らかいがゆえに自然の雪の上で歩きづらかったりしますが、テレマークスキーの道具なら、もう少ししっかりしているので山の雪でも歩きやすい。もちろん、初めはあんまり滑れなくても、滑走技術がともなってくれば滑る楽しみも増してきますしね。これから始めるにしても、ハードなものに比べ道具が安いこともメリットです。スキー場のリフト券が高いのであれば、自分の足で登って滑ることも出来ます。

 

 私からの提案です。

 こういう軽い道具立てで、テレマークスキーを始めてみては、いかがでしょう?山は一年中そこにあります。雪山にもたくさんの魅力があり、その入口としてテレマークスキーって、かなり使える、そして楽しい道具なんです。

 

お問い合わせ

鈴木央司(すずきたかし)

TEL&FAX: 0195-78-2844

ケイタイ:090-6177-8180
パソコンメール:お問合わせはこちらから

 

〒028-7302 

岩手県八幡平市松尾寄木1-590-285 

 

公共交通機関】盛岡駅にて、岩手県北バス八幡平リゾート行きもしくは松川温泉行き乗車、八幡平温泉郷下車。バス停の目の前です。

お車】東北道松尾八幡平I.Cより、約15分。東八幡平交通センター経由で森乃湯を目指してお越しになるのが、一番分かりやすいです。

16/17冬季県北バス

盛岡〜八幡平バス時刻表

八幡平〜盛岡バス時刻表